• ホーム
  • ダイエット医薬品の効果について

ダイエット医薬品の効果について

スリムな女性

医薬品を用いたダイエットはメディカルダイエットと呼ばれ欧米では一般的であり広く普及しています。
その中でも代表的な物にゼニカルというものがあります。
ゼニカルは食べ物に含まれる脂肪を体内に吸収するのを防ぎそのまま体外へ排出させるというもので、食事の前に飲んでおく事で接種カロリーを減らす事が出来るのでダイエットには効果があります。
通常食事をすると胃の中でリパーゼという酵素が働き、このリパーゼの作用で脂肪のほとんどが体内に吸収されてしまいます。
ゼニカルはこのリパーゼの働きを抑制して脂肪分の吸収を約30%抑えますので、同じ食事をしていても脂肪を吸収しないのでカロリー摂取量が減り、ダイエットに繋がります。

次にナイシトールです。
ナイシトールは漢方薬から作られた薬で体内の老廃物などを排出して肥満症を改善するものです。
ダイオウ、カンゾウなど合計18種類の生薬が配合されており、それらがお腹の内側の脂肪に働きかけます。
また、体の熱を冷ます、便通を促す作用もあり、太鼓腹タイプの肥満に効果があるとされています。
同じ様に漢方薬を用いたものに和漢箋防風通聖散がありこちらは交感神経や脂質代謝経路に働きかけ、脂肪を分解、燃焼すると共に体内の老廃物の排泄をうながす事で肥満を改善するというものです。

他にもダイエット医薬品は数多く発売されていますが、共通している効果は脂肪の吸収を抑える、脂肪を燃焼しやすくする、体内の老廃物を排泄するという点で、どれもダイエットにには一定の効果があります。
ですが、ダイエット医薬品はそれだけで万能というわけでは無く、望む様な効果を得る為ににはそれに頼りきるのでは無く適度な運動なども必要になります。

関連記事
寝ながらダイエットは痩せにくい40代におすすめ 2019年09月06日

ダイエットには運動や食事制限がつきものです。でも太りやすい人は、日ごろ運動をしていない人が多いので、ダイエットを思い立って毎日運動しようと思っても、長続きしないことがあります。40代になると男性も女性も忙しい人が多く、なかなか運動のための時間を確保できない人もいるでしょう。40代は代謝が落ちてきます...

簡単ダイエットといえば睡眠リズムを改善すること 2019年08月10日

睡眠リズムが不規則になると、身体にあらゆる悪影響を与えます。疲労が抜けない、ストレスが溜まる、身体が冷えて代謝が低下する、ホルモンバランスが乱れるなどがあげられます。睡眠は生活リズムをリセットする作用もあるので、睡眠不足が続くと肥満などの生活習慣病を招きやすくなります。ダイエットは簡単な方法ほど成功...

ダイエットと運動と食事 2019年07月25日

運動と食事は、ダイエットのポイントになります。効率よくダイエットするためには、運動前後の食事が重要になります。運動前は、空腹でも満腹でも身体に良くないとされています。カロリー制限のために空腹のまま運動を行う場合、身体への負担が大きく、血液中のブドウ糖が不足し低血糖症を引き起こすことがあります。また、...